読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katharsis

素人によるJr.追い

春の「誠実」三連発

今更ながら心打たれたことを記しておく。

 

3/12マチネ やましげ春のしげ祭り本公演~主演 山崎樹範~@ 赤坂RED/THEATER

やましげさんのほぼひとり芝居を観に行った!活動の幅が広すぎて(あさイチとかナレーション、ほのぼのさんとかおしゃべりクッキングetc・・・)到底チェックしきらずつかず離れずな存在のやましげさん。しかしこれはハズしちゃならない「ひとりぼっち」等々シリーズ大好物にはたまらない催しだろうとチケ入手いたしました。

初めて入る劇場、どこからでもステージが良く見えるサイズ感。開演ギリギリ到着して早々に後悔。開演前の選曲がナイスなことを忘れていた・・・切ってたスマホの電源を入れ何の曲か教えてくれるアプリを立ち上げ・・・間に合わなかったー!!チクショー!チクショーー!!ちょいちょい探っていってこれは!と思ったのは「RADWIMPS」かな(自信なし)

6人の脚本家によるオムニバス、上演時は誰がどの脚本かはわからずに拝見、最後にタイトルバックで発表されたものの正式名称まで覚えられず覚書。
松村武(小天狗)
劇団ひとり(悪ふざけ)
SHOCK EYE(遭難・スピリチュアル)
浅野妙子(抱き枕)
箭内道彦陸前高田
鈴木おさむナポリタン)

なんの状況説明もなく幼なじみ「セコ(通称)」の話を居酒屋っぽいところでアツく語っている男がやましげさん。大洋(野球)の選手と飲んだ話とか細かすぎて(笑)。小天狗の意味わからないしオチはどうくるのか??と思ったらコンパ?の自己紹介・・・うぜー!!最高っす!!

続いてやましげさんの挨拶が入ってそのまま劇団ひとり氏脚本のお話へ。ご本人役?18歳禁の下世話だったし奥様のモノマネもヒドかったし・・・(爆笑)。誰得?!モロモロ大ウケしましたが正直内容あまり覚えていません(汗)。やましげさんの好感度を下げる為のまさしく「悪ふざけ」。

「スピってる」「死ぬ勇気なんていらねぇんだよ」が印象的だったスピリチュアルを信じるこれまた少々うざいけれどなんか憎めないお兄さんのお話。一発逆転を狙うべくスピってる神社にお参りに行った山で遭難してお財布の中のお金も燃やして散々したけど、同じく遭難した女子との出会いや、さらっと扱った宝くじが当たるというなんやんや幸せな人だったなー。

続いて浅野妙子さん脚本のお話。女性が寝支度を整えベットin。暗転して男性の声「もっとギュっとしていいよ」と甘いささやき声にキャー!思ってたらやましげ抱きまくら役!!(たらこキューピー的な被り物常時)。どんな辛い夜も共に過ごした抱きまくらは時を経てお役御免の時が・・・彼女のことを一番知ってるよ、忘れないよ、切なくてたまらずウルウル・・・からのぶい6「愛なんだ」熱唱っ。いぇーーーー!世代世代(笑)

箭内道彦さん脚本、陸前高田3.11のお話は実話かと思われますが、これまで動きまくってたお話から一転、煙突の上でひとり男性。街中のビルの3階からの映像とは思えない映像も含め忘れません。車はおしりから駐車します。

「懐かしのナポリタン」は憧れの先輩より先に大きい役を掴んで追い越してしまう後輩劇団員の話(両者共やましげさん)。憧れの先輩がまたかっこよく、後輩の苦悩と一生懸命さにも惹かれ、どちらも傷ついて欲しくないくて最後先輩と主人公劇団員との本音の応酬には涙が込み上げてきました。辛い場面でもあり劇団員旅立ちの清々しさもあり。また二人で懐かしのナポリタンが食べる日が訪れますようと願わずにはいられない!!

最後に挨拶に出られたやましげさんの姿を観てなんでしょう、最後のお話に涙したことに加えてなんだかとてもイノセントというか美しいというか澄んでいるというか・・・自分の邪気が抜けていく感覚で涙止まらずでした。とても良い時間を貰えたことに感謝!嫌なことも日々あるけれど悪いことばかりじゃないね~!

 

4/1マンボウやしろの告別トークショー【ラジオに消されたもの】@恵比寿エコー劇場。しげ祭りの演出家さんでラジオSOL(スクールオブロック)の元教頭マンボウやしろ氏。SOL世代ではまったくございませんが、やましげ校長やしろ教頭当時、仕事先で東京FMが流れている環境にあり生活の一部にSOLがありました。やましげ校長が辞めるか辞めないか当たりで移動になり聞かなくなったのはもう何年前のことになるのかな・・・。実際にあったラジオでのエピソードを時に面白く、時に泣けるお話を素敵な曲と共に次々聞かせてくれました。基本楽しい思い出が蘇るけれど(突然誰かが「チェッキンガム宮殿!」と叫ぶとやましげ校長ボンジョビを熱唱しだすのを繰り返すとか好きだったな)、多感な中高生リスナーと向き合うには難しい案件もあったようで。みんなを幸せにするという約束が果たせなかったというやましげ校長、その日DJされていたSOLのディレクターさんの本気の選曲(SOLを去ってからもこうやって一緒にお仕事されていることがまた素敵)、元々は色々どうしようもない人だったらしいけれどリスナーのことが大好きになって誠実に向き合うことしかできなかったというやしろ教頭。とにかく「誠実」という言葉が突き刺さった日。誠実に自分は過ごしているか??自問自答の時でもありました。やましげさんが歌った曲:me me sheRADWIMPS

 

4/2に田中圭くん写真集発売握手会@渋谷TSUTAYA。とても落ち着いて且つ真摯に受け答えてくれる姿に感激。これを何百人にするんでしょ?!あの田中圭がだよ?!「もう子供に見えなくて困ってるよ」の小牧教官がだよ?!クラクラしました。写真集の内容も色んな表情てんこ盛り、ストーリ仕立てにしてこそ田中圭活きる!ふにゃっとした笑顔もオフショットで見られたのでそれも良かった。はぁぁぁそれにしても白い肌に白いシャツでとにかく白かったーまばゆ過ぎたぜっ!