読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katharsis

素人によるJr.追い

トラジャ⇔ラブトゥン、結局はないものねだりだった。

舞台ドリボ、ABC-Zコンが終わり、顕嵐くん関連がひと段落というところで気持ちの方をちょっと整理しようと思います。トラジャ⇔ラブトゥン関連です。

 

細かく上げたらキリがないほど色々な出来事があっていちいち思うことがあって上がったり下ったりを繰り返した。下書きをいっぱい書いては消し・・・まとまらず約半年!雑誌等全部読めてませんし発言は半分、いや「話し1/4」で受け取るように心がけております(同じ月雑誌で真逆のこと言ってたりするから)。いち顕嵐くんファンの空想と思って頂ければこれ幸い。

 

ユニット単位での露出が大筋になってきたJr.界隈においてユニットに所属しているということが日程的なことも含め概ね安定の日々だった2015-2016春。それでいて顕嵐くんファンとしての目線と本拠地トラジャを観て思うことの目線がなかなか一致しないことに常にモヤモヤしていた。

 

顕嵐くんとしてはユニット外のお仕事もあったり(ガムシャラ・チーム覇)、嵐バックにいなかったり、(表面的に)ホワ~としてどこか遠くを見ているイメージで「トラジャの顕嵐くんが好き」というにはその匂いがあまりにも薄くしっくりこなかった。97Line同級生3人が可愛かったり、仲田くんのダンスが好きだなと思ったり断片的に愛でるもののユニットに対する愛はそこまでなかった。

 

ただシンメと言われる宮近がトラジャでやれること・やりたいことを見出しているように感じたし引っ張ってくれるスキルも持ち合わせていて近くにいることはとても心強く、それが強ければ強いほど2人の見てる方向は同じ?と不安にもなった。

 

マッチコン、少クラ、ラジオ、滝翼コン等々パフォーマンスに触れる機会を重ねてやっとトラジャに前のめりになっていった。特に「with Travis Japanの時、曲の世界をより色濃くして会場に拡散していく感じがたまらない。ご本人達曰く「スッとしたダンス」と特にフォーメーションは人数を活かしてキメてくる。「Travis Japan」としてステージに立つ為にメンバーカラーはあえてハッキリさせてないんではなかろうか。

 

そんなプロい集団、MCになるとわちゃわちゃの内弁慶で言ってることの半分内輪ウケな気もするけど、そんな子達を柱の影からそっとずっと覗いていたい!まるっと可愛い!!今最も寂しいのはトラジャメンバーが顕嵐くんの傍にいないこと。いつも温かく見守って可愛がってくれるトラジャの存在は顕嵐くんの良心だと思っている。

 

しかし。個人的願望として「顕嵐くんがキャーキャー!言われてる姿を観てニヤリとしたい」だったりする。フロントとしてのパフォーマンスバックで踊る最強さからするともっと出来る気がした。トラジャの魅力を活かせるフロントでのパフォーマンスとは・・・。それをご本人たちが目指しているかはまた別の話しだけれどそうであって欲しいと思っていた。

 

5月21日、Love-tuneクリエ公演に顕嵐くんが登場したという話題が流れてきたときは「顕嵐くんがとうとう動きだした!!」ユニットうんぬんこれっぽっちも考えずとてもポジティブに興奮した。

 

雑誌のトラジャページから姿がなくなりラブトゥンページに超張り切って写ってる顕嵐くん。それがどういうことなのかを数ヶ月かけてジワリジワリと刷り込まれていく。そしてサマステラブ公演は正直あまり覚えてなくて。顕嵐くんは日によってムラがあるように見えたし(これは通年感じている)、他ユニメンバーとの絡みの方が印象的で独り班になっていないか心配になったり(トラジャ公演でも思った)。

 

これが9人トラジャを観られる最後かもと思いながら観たストトラ公演。『Vanilla』キャー-----!!(サビ歌うverが好きでした)。披露された中で一番好きだったのが『Supernova』。トラジャの可能性大きく感じちゃったよね!このタイミングで大変罪深い。ダンスは勿論ガシガシっと・・・こういう顕嵐くんもう観られないとかないよね??ないよね?と泣く。そして何より少クラではお伝えすることが難しいトラジャの幸福感を多くの人に知ってもらえる機会があって良かったな!結果サマステ楽しかったな!ユニットの妙ってそういうことだ。

 

Love-tuneは結成されてまだ半年とはいえ結成されたこと自体、増員、メンバーの歴、ファンの思い等々をチラ見すると・・・重い。「一生新規っす!」「お邪魔してますっ」と遜ってしまう。多くのファンの方がラブトゥン未来を語られていることが眩しくてトンネル半ばの自分は取り残されてる感。こういう顕嵐くんが自分観たかったハズじゃない?とか思いながらもユニットを好きになるのになかなか時間かかる性分のようです。サナトリウムの中での戦いから外海での戦いになるのかな。ココでどんな妙を見られるか楽しみだし、今顕嵐くんから放たれる光は「Love-tune」越しなのだと強く感じております。その景色を観ない選択は今のところない!

 

今TravisJapanを観て寂しくないわけがない。でもこの先一層強くなっていくに違いない、そんな姿をこっそり観ていたい。ABC座ではうみんちゅがちょっと大人に見えた・・・かも(笑)。トラジャはやっぱり「楽しい」がいい。またいつかの気持ちは今はしまっておこう。

 

雑誌でちょこちょこっとお互いのことを言えるようになってきたみたいで、そんなメンバー達の優しさにも触れてココでも吐き出した!これ以上あれこれ言うのはもうヤボだろう。両ユニットの『ただ前へ』の心意気はとても感じています。次の舞台(ジャニーズオールスターズアイランド)が決まっていることはやはり嬉しい。新たなジャニーさんの世界、震えて待つ!